新着情報《NEWS》
RSS2.0
この度、2022年夏号を発刊にあわせて、ウェブマガジン「こども環境楽」サイトをリニューアルいたしました。 新しいurlはこちらになります。 https://magazine.children-env.org/ ぜひ、ご覧になってください。なお、今までの記事も掲載されています。
当学会にご尽力いただきました織田正昭先生が4月17日に永眠されました。ご冥福をお祈りします。 8月8日に「織田正昭先生 お別れの会」が開催されることになりましたので、ご案内いたします。    「織田正昭 お別れの会」のご案内 拝啓 向夏の候 皆様におかれましては益々ご清祥のことと存じますさて 既に皆様ご承知のことと存じますが 父織田正昭は4月17日に永眠致しました故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行い その後の法要も親族のみで行いました皆様にお声掛けすることができず誠に申し訳なく思っておりますそこでこの度 新盆の時期に合わせて下記の通りお別れの会を開催致しますのでお知らせ申し上げます亡父とのお別れの時間を過ごしていただくとともに お越しくださった皆様の良き交流の機会にもなりましたら幸いでございます 敬具 記  日時:2022年8月8日(月) 13:15-15:15場所:国際文化会館 (東京都港区六本木5-11-16)  代表電話番号03-3470-4611 樺山・松本ルーム  地図・アクセス | IHJ (i-house.or.jp)会費:5000円(当日受付で現金にて承ります) ◇セレモニーはござ...
 こども環境学会では、学会誌「こども環境学研究」の表紙デザイン画のコンペを実施しました。審査員による厳正なる審査の結果、34 点の応募の中から、最優秀作品1 点、審査員長賞1 点、優秀作品5 点、入賞作品4 点が選定されましたので、ここに発表いたします。応募してくださったみなさん、ありがとうございました。 作品はこちら
長野県佐久市は、「佐久市野沢児童館併設型子育て支援施設整備事業設計業務」について、公益社団法人こども環境学会と知的生産者選定支援機構による業務支援により、プロポーザル方式による設計者選定を実施します。プロポーザルは、2022年6月3日に公告され、仙田満審査委員長の審査委員会で、2段階による設計者選定を行います。1次審査は、全国の設計事務所(応募資格制限あり)から提案書を募集し選定された事務所は、2次審査で佐久市内に事業所を持つ設計事務所とJVを組み、提案書とプレゼンテーション・ヒアリングによる審査で、最優秀者を決定します。概算工事費は8億5千万円以内、規模(延床面積)は約1720㎡で、事業内容の詳細は、佐久市のホームページ(URL:https://www.city.saku.nagano.jp/machizukuri/jigyosha/keiyakugai/puropo.html)で公開されています。
第18回(2022年度)こども環境学会賞公募のお知らせ    こども環境学会では、こども環境に関する優れた研究、デザイン、活動業績、自治体施策などを顕彰し、それを広く公表することによって、こども環境の改善に資することを目的として、「こども環境学会賞」を2005年に創設いたしました。賞は、論文、デザイン、活動、自治体施策の4部門とし、部門ごとに3件以内の表彰を予定しています。 表彰式は総会の席上で行い、賞状等を授与いたします。また学会誌等に紹介するなど広く社会に公表することといたします。 今年度の公募期間は、2022年10月31日(月)締切(消印有効)といたします。多くの会員の皆様のご応募をお待ちしております。 2022年6月 こども環境学会会長 五十嵐隆      こども環境学会賞・応募要項  1.目的 こども環境に関する優れた研究、デザイン、活動、施策などを顕彰し、それを広く公表することによって、こども環境の改善に資することを目的とする。 2.名称および賞の対象(1)こども環境論文・著作賞 近年中に完成し雑誌などに公表された研究論文および出版公表された著書・著作であって、こども環境学の進歩に寄与...
こども環境学会2022年大会(東京)6月30日(木)~ 7月3日(日) ≪お申込みフォームはこちら≫ ■こども環境学会 東京大会 チラシ ダウンロード    2022 年大会は東京にある日本女子大学を会場に行います。2011 年の東日本大震災から約10年が経ちましたが、この間、私たちは様々な災害に見舞われました。2013年には東京都伊豆大島で大型台風の影響による土石流が起こり、保育園や小学校までもがその被害に脅かされました。2014年の広島豪雨、2016年の熊本県益城町を中心とした地域での大地震。2018年9月に発生した北海道胆振東部地震の際は、震源近くにあった安平(あびら)町の認定こども園ではお泊り保育を行っており、その後はこちらのこども園がボランティアセンターとなっ て災害復旧活動の拠点となりました。2019年に関東を大型台風が襲った際には、多摩川の水があふれ、河川近くの保育園に水が押し寄せています。 このように振り返ると、この10年間は日本が多くの震災に見舞われた年月でした。そして、その被害は大人の生活だけに留まらず、こども達の安心・安全な生活環境までも脅かしています。今後、こどもたちが健全に育つた めの環境を守り、より良い...
2021 年度(第 17 回) こども環境学会賞の発表  2021年 6月より公募致しましたこども環境学会の学会賞につきましては、2021年 10 月末までに論文・著作賞 7 件、デザイン賞 10 件、活動賞 3 件、自治体施策賞 1 件のご応募をいただきました。 選考委員による厳正な審査の結果、論文・著作奨励賞 1 件、デザイン賞 1 件、デザイン奨励賞 3 件、活動奨励賞 1 件、自治体施策奨励賞 1 件、以上合計 7 件が選定されました。 受賞者および総評・講評は以下の通りです。(順不同、敬称略) 2022年5月30日顕彰委員会委員長 高木 真人論文・著作賞選考委員長 高橋 勝デザイン賞選考委員長 竹原 義二活動賞選考委員長 神谷 明宏自治体施策賞選考委員長 田川 正毅   こども環境論文・著作奨励賞 《論文・著作賞》 該当なし 《論文・著作奨励賞》 根ケ山光一(早稲田大学名誉教授) 家庭環境における母子の身体接触遊び行動 ─日英の縦断的比較─ こども環境デザイン賞 《デザイン賞》 甲斐弘美(つくし会)、 前田圭介 (UID)こどもえんつくし ダイニングホール棟 foresta カランころ 《デザイン奨励賞》 橋口剛 (HAG 環境デザイン)、平慶生(女の都幼稚園...
2022年5月公益社団法人こども環境学会は、佐久市の子どもの健やかな成長に資するため、令和2年7月31日に佐久市と包括協定を締結しており、現在、包括協定の一環として「佐久市野沢児童館併設型子育て支援施設整備事業設計業務」における設計者選定について知的生産者選定支援機構と連携し業務支援を行っております。プロポーザルを含む事業内容の詳細につきましては、佐久市のホームページなどで5月下旬頃に公開予定です。 知的生産者の公共調達に関する法整備連絡協議会 https://www.chitekiseisan.com/
全国子どもアドボカシー協議会 設立記念全国セミナー「子どもの声を大切にし、ともに生き育ちあう社会」を目指して 2022年、全国で子どもアドボカシーの推進にかかわる団体・個人で構成する「全国子どもアドボカシー協議会」が発足します。その設立を記念して、全国セミナーを開催されます。 開催日時2022年5月5日(木・祝)13:00-17:00 参加方法など詳細はこちらをご覧ください。https://adv2022.peatix.com/
第9回合同セミナー開催のご案内 こども環境学会合同セミナーは、こどもを取り巻く環境に関心がある研究者や実践者が集い、研究発表や活動報告を行い、相互の交流を図ることを目的としています。残念ながら昨年度、今年度と、コロナウィルス感染症の感染拡大の影響で延期を余儀なくされ、皆様とお会いすることがかないませんでした。実行委員会では、現地での開催を第1の目標として、開催時期を模索してまいりました。あらためて「ミライへこどもを育む環境ーいまこそ、カラダで遊べー」をテーマに東海地区の岐阜県関ケ原町の㈱関ケ原製作所のせきがはら人間村生活美術館で開催します。自然豊かで、広大な芝生広場と芸術作品に囲まれた環境のもとでの開催です。今回は、合同セミナーの内容を一部変更して、活動の実践、本会代表理事の仙田満先生をお招きして基調講演、シンポジウムを開催し、研究者や実践者の交流の場として、1日間のみのプログラムで開催いたします。開催を優先し、研究発表・活動報告は中止とさせていただきます。発表を予定されておられました皆様方は大変恐縮ですが、ご了承いただきますようお願いいたします。関ケ原は、皆さんご承知のとおり天下分...
声明ロシアの侵攻反対、未来を殺す戦争に反対今、ロシアがウクライナを侵略しようとしている。全世界の人がその有様を見つめている。こどもたちも殺されている。プーチン大統領は世界の未来を殺そうとしている。世界中の人々がこの暴挙に反対、NOを表明しなければならない。こども環境学会はこどもたちの代理人の学術集団として明確にNOと表明する。世界中のNOによって、ウクライナの、世界のこどもたちを守りたい。環境建築家・こども環境学会代表理事  仙田 満こども環境学会会長 五十嵐 隆 ----------StatementWe oppose both Russian aggression and wars that kill our future.Now Russia is invading Ukraine.This concerns the whole world.A lot of children and their families are being killed.Russian President Putin is trying to obliterate the future of our world.The people all over the world must immediately speak out NO to this outrage.Japanese Association for Children's Environment, as an academic organization on behalf of children, expresses a distinct NO.We want to protect the children of Ukraine and those of the wor...
ご案内 こども環境学会2022年大会(東京)6月30日(木)~ 7月3日(日)   ■ポスターセッション募集要領・申込書・様式 ダウンロード   2022 年大会は東京にある日本女子大学を会場に行います。2011 年の東日本大震災から約10年が経ちましたが、この間、私たちは様々な災害に見舞われました。2013年には東京都伊豆大島で大型台風の影響による土石流が起こり、保育園や小学校までもがその被害に脅かされました。2014年の広島豪雨、2016年の熊本県益城町を中心とした地域での大地震。2018年9月に発生した北海道胆振東部地震の際は、震源近くにあった安平(あびら)町の認定こども園ではお泊り保育を行っており、その後はこちらのこども園がボランティアセンターとなっ て災害復旧活動の拠点となりました。2019年に関東を大型台風が襲った際には、多摩川の水があふれ、河川近くの保育園に水が押し寄せています。このように振り返ると、この10年間は日本が多くの震災に見舞われた年月でした。そして、その被害は大人の生活だけに留まらず、こども達の安心・安全な生活環境までも脅かしています。今後、こどもたちが健全に育つた めの環境を守り、より良いものと...
第14回こども環境アドバイザー資格講習会のお知らせ (こども環境学会認定) 2022 年3 月12 日(土)~ 13 日(日)開講    申込締切:2022年3月4日(金) 現代社会において家族や地域のあり様が大きく変わり、こどもを取り巻く環境にも様々な問題が発生してきています。こども環境学会では、発足当初より、こどもが心身ともに健やかに育つ環境づくりのための学びの場として、こども環境アドバイザー講習会を実施しています。こども環境アドバイザーとは、「こども環境にかかわる総合的な知識及び基本的なコミニケーション・スキルを身につけ、こどもに関わる環境改善のための支援及びアドバイスができる」 レベルの資格です。こども環境アドバイザーには、家庭・保育・教育・地域などにおいてよりよいこども環境を形成していくために、専門領域における指導者的な立場に立つだけではなく、さまざまな領域を結びつける役割を担うことが期待されます。講習会では、そのために必要な幅広い知識やスキルを身に付け、多様なバックグラウンドを有する講師、参加者との交流をはかるプログラムを提供しています。講義は、「こども環境学概論」 に加え、「こども理解」「 こ...
益社団法人こども環境学会 2022年度代議員選挙選挙結果報告 2022年1月25日 2022年度代議員選挙管理委員会 委員長:北方 美穂 こども環境学会2022年度代議員選挙結果について以下にご報告いたします。 改選代議員数は、2021年度末で任期満了となる代議員(以下10名:敬称略、50音順)です。 浅野耕一、大西宏治、神谷明宏、後藤智香子、副島里美、谷本都栄、玉田雅己、富樫豊、新田新一郎、三木祐子 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 【2022年度代議員選挙の公示資料】の通り、公示および立候補者受付を2021年12月1日(水)に開始し、立候補登録を2022年1月10日(月)(消印有効)に締め切りました。下記の10名が立候補されました。 2022年1月10日(月)消印有効での立候補者は以下の10名です。 【立候補者】10名(敬称略、50音順)粟原知子 福井大学国際地域学部 准教授大西宏治 富山大学 教授後藤智香子 東京大学先端科学技術研究センター 特任講師副島里美 静岡県立大学短期大学部 准教授谷本都栄 帝京大学冲永総合研究所 准教授玉田雅己 学...
こども環境学会では、学会誌「こども環境学研究」表紙デザイン画のコンペを行います。 締切は、2022年4月30日。みなさんの応募をお待ちしています。 ※詳細&申込みはこちら 1. テーマこども環境学会誌の表紙に掲載するデザイン画を募集します。好きなあそび、場所、もの、人、生き物、気持ち、イメージなどを自由に描いてください。 2. 応募資格18 歳未満のこどもで、こども環境学会のこども会員、または、団体会員や賛助会員のこどもが応募できます。※応募時にこども会員として入会できます。こども会員の会費は無料です。 3. 応募条件・原則として個人の応募で、1 人 1 作品とします。・グループでの共同作品の応募も可とします。・表現方法は自由です(手書き、写真加工、デジタル作品など)。・過去に他の媒体で公表されたデザインは、本コンペには応募できません。・こどもが自分で考えた作品であること  ※詳細&申込みはこちら    記事拡散をお願いします! https://www.children-env.org/blogs/blog_entries/view/54/6b4066b2d54c7513da9ceb35120b9b4f?frame_id=63
特集テーマ:不登校について考えてみる 〜子どもが幸せに過ごせる学校・学び育ちの場へ〜 https://www.children-env.org/magazine/ 《目次》 1. 不登校を「私」の専門から考えてみよう(石田佳織) 2.《特集》  不登校問題についての一考察(穂積妙子)  不登校を考えてみる〜第3の現場から〜(新田新一郎) 3.《世界のこども環境》   柔軟なしくみで子どもたちを支援する(渡邊あや) 4.《バトンをつなぐ》  こどもも大人も育つ学校をつくる(井内聖) 5.《こどもの手と眼》   やじるしできたよ→(Hくん:8歳) 6.《この一枚!》  わあ。あった! hiro (仙台市・女) 7.《ブック&シネマ》  末富芳・櫻井啓太著「子育て罰「親子に冷たい日本」を変えるには」(仙田満)   岡本央著「ないないづくしの里山学校」(藤田大輔)  きみ きみよ著, みやかわ さとこ (イラスト)「にゃんたとおつきさま」(小澤紀美子)  大豆生田啓友・大豆生田千夏著「非認知能力を育てる あそびのレシピ」「非認知能力を育てる「しつけない」しつけのレシピ」(神谷明宏) 8.《編集室から》   記事拡散 https://www.childre...
公益社団法人 こども環境学会正会員 各位 公益社団法人こども環境学会 2022年度(令和4年度)代議員選挙の公示について - 立候補者 募集 - 本選挙は公益法人として広く正会員に門戸を開いて、代議員選挙を実施するものです。2021年度末で、半数の公益社団法人代議員が任期満了となります。ここに選挙の日程をお知らせすると同時に、代議員の立候補受付を開始いたします。 今回の代議員選挙は、2021年度末で任期満了となる代議員10名の改選です。任期満了となる代議員(10名)(敬称略、50音順) 浅野耕一  秋田県立大学システム科学技術部建築環境システム学科准教授 大西宏治  富山大学人文学部教授 神谷明宏  聖徳大学児童学科准教授 後藤智香子 東京大学先端科学技術センター特任講師 副島里美  静岡県立大学短期大学部准教授 谷本都栄  帝京大学冲永総合研究所准教授 玉田雅己  学校法人明晴学園理事長 富樫豊   北陸こども環境研究会代表 新田新一郎 プランニング開・アトリエ自遊楽校 三木祐子  帝京大学医療技術学部看護学科准教授 2021年(令和3年)12月1日 公益社団法人こども環境学会 代議員選挙管理委員長 北方...
「クライシスとこどもの環境」 日時 2021年11月13日(土)13時~16時10分 会場 日本女子大学(オンライン配信)   終了しました。多くのみなさんに参加いただきました。ありがとうございました。     厚生労働省は、9月10日、2020年の人口動態統計(確定数)出生数84万835人を発表しました。この数値は前年より2万4404人減少し、1899年の人口動態調査開始以来最少であり、2021年は一層減少するものと予想されています。  そうした中で、今、現実起きている新型コロナウイルス感染症は、こどもの生活・遊びに直接・間接的に多くの影響を及ぼしています。2020年は児童虐待件数、自殺した児童生徒数も過去最多となり、これまで社会が抱えていた貧困や格差といった問題がコロナ禍を機に顕在化してきています。また、東日本大震災、原発災害から10年が経過しましたが、その後も多発する地震、洪水などの自然災害の対応など、これらクライシスをどのように乗り越えていったらよいでしょうか。  このプレ・セミナーでは、コロナ禍の現実の中で、こどもひとり一人を見つめ、こどもの育成環境について、地域のつながり方を通して考えていきます。 &nbs...
※延期のお知らせ※10月2日、3日に、岐阜県関ケ原町にて開催が予定されておりました、第9回合同セミナーでございますが、新型コロナウィルス感染症の急激な拡大が続いており、岐阜県下においても著しく状況が悪化しております。岐阜県のイベント等の開催延期等の状況を鑑み、参加者、スタッフ等安全確保をはかるため、来年度に延期をすることにいたしました。出席を楽しみにされておられた方々、また論文・活動報告に投稿を予定されておられました方々には、大変恐縮ではございますが、時節柄ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 第9回合同セミナー開催のお知らせ 以下のとおり開催いたします。また、研究発表・活動報告を募集しています。皆様の参加、発表をお待ちしております。 (1)開催日:2021年10月2日(土),3日(日)開催延期(2)会場:㈱関ケ原製作所     JR東海道線関ヶ原駅から徒歩20~25分(3)研究発表・活動報告の募集  原稿の投稿期間は、8月30日(月)から9 月6 日(月)とする(投稿期間厳守)。未定(4)詳細 合同セミナーホームページ  https://sites.google.com/view/ace-tokai/にて、情報を公開しております。こちらのサイトをご確認くださ...
第17回(2021年度)こども環境学会賞公募のお知らせ  こども環境学会では、こども環境に関する優れた研究、デザイン、活動業績、自治体施策などを顕彰し、それを広く公表することによって、こども環境の改善に資することを目的として、「こども環境学会賞」を2005年に創設いたしました。賞は、論文、デザイン、活動、自治体施策の4部門とし、部門ごとに3件以内の表彰を予定しています。 表彰式は総会の席上で行い、賞状等を授与いたします。また学会誌等に紹介するなど広く社会に公表することといたします。 今年度の公募期間は、2021年10月31日(日)締切(消印有効)といたします。多くの会員の皆様のご応募をお待ちしております。 2021年6月 こども環境学会会長 五十嵐隆    こども環境学会賞・応募要項  1.目的 こども環境に関する優れた研究、デザイン、活動、施策などを顕彰し、それを広く公表することによって、こども環境の改善に資することを目的とする。2.名称および賞の対象(1)こども環境論文・著作賞 近年中に完成し雑誌などに公表された研究論文および出版公表された著書・著作であって、こども環境学の進歩に寄与する優れたもの...
2020 年度(第 16 回) こども環境学会賞の発表  2020 年 6 月より公募致しましたこども環境学会の学会賞につきましては、2020 年 10 月末までに論文・著作賞 12 件、デザイン賞 10 件、活動賞 4 件、自治体施策賞 1 件、合計 27 件のご応募をいただきました。 選考委員による厳正な審査の結果、論文・著作賞該当なし、論文・著作奨励賞2件、デザイン賞1件、デザイ ン奨励賞 2 件、活動賞1件、活動奨励賞該当なし、自治体施策賞該当なし、自治体施策奨励賞 1 件、以上合計7 件が選定されました。受賞者は以下の通りです。(順不同、敬称略) 顕彰委員会委員長 高木 真人論文・著作賞選考委員長 高橋 勝デザイン賞選考委員長 竹原 義二活動賞選考委員長 神谷 明宏自治体施策賞選考委員長 田川 正毅 こども環境論文・著作奨励賞 《論文・著作奨励賞》 佐藤将之(早稲田大学) 心を育てる保育環境――思いと環境をつなぐ保育の空間デザイン 《論文・著作奨励賞》 藤後悦子(東京未来大学)、井梅由美子(東京未来大学)、大橋 惠(東京未来大学) スポーツで生き生き子育て&親育ち — 子どもの豊かな未来をつくる親子関係 こども環境デザイン賞 《デザ...
こども環境学会2021年大会(長野)7月1日(木)~7月4日(日) 《大会ページ》はこちら 《お申込みフォーム》はこちら ■こども環境学会 長野大会 チラシ ダウンロード ■タイトル:こども環境学会2021年大会(長野)■大会テーマ:『自然とともに暮らすこども〜生きる力を育むには〜』 ■期日:2021年7月1日(木)~4日(日)  ■会場:佐久平交流センター(〒385-0029 長野県佐久市佐久平駅南4−1)    ハイブリッド方式(★リアル開催 および ★オンライン開催 の併用) ■主催:公益社団法人 こども環境学会    国際校庭園庭連合日本支部(2021年7月1日イベントのみ)    ■共催:佐久市、 ■後援:(予定) 長野県、長野県教育委員会 内閣府、国土交通省、文部科学省、厚生労働省、環境省日本学術会議、国立研究開発法人科学技術振興機構、公益財団法人 日本ユニセフ協会、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟、一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本都市計画学会、公益社団法人日本造園学会、一般社団法人日本環境教育学会、一般社団法人日本発達心理学会、一般社団法人日本保育学会、一般社団法人 日本体育学会、日本子ども社会学会、...
 1970年代より、特に都市部では多くの高層集合住宅が建設されており、そこに住む子どもも多くなっています。本調査は子どもの成育と高層居住の関係性について知見を得ることを目的としています。特に、子どもの頃の住環境が、現在の性格や行動などとどのように関係しているのかという点に着目して分析したいと考えています。これを通じて、我が国の成育環境としての住環境の改善の方向を探っていきます。ぜひ皆様のご協力をお願いします。 ★アンケートURL★https://questant.jp/q/H6WBHK2B ・調査対象者:20代の方、皆さんにお願いしています。高層集合住宅に住んだことのない方も対象です。(知人の方にもご紹介いただきますようお願いします)・回答期間:2021年5月31日まで(終了しました)※ご協力ありがとうございました。 ・PC、スマホいずれからも回答できます。・回答に要する時間は、20分程度です。・途中、簡単な絵を描いていただく設問があります(回答任意)。絵を描いている間に回答できなくなる、回答に時間を要した方が最終的に回答できなくなる、という事はありません(タイムアウトによるセッションの切断はありません)。・調査への協力はみなさまの...
「こども庁」創設に向けて アンケート結果や有識者勉強会の資料が掲載されています。「こども庁」が必要な必要な理由や効果を解説しています https://www.child-department.jp/ こども環境学会では、以前より学術会議での構成委員として、対外報告「我が国の子どもを元気にする環境づくりのための国家的戦略の確立に向けて」や 提言「我が国の子どもの成育環境の改善にむけて」をとりまとめてきました。これらはこちらからダウンロードできます。  学術会議 対外報告 我が国の子どもを元気にする環境づくりのための国家的戦略の確立に向けて 学術会議 提言 我が国の子どもの成育環境の改善にむけて (学術会議へのリンクはこちら)  
福島県ふくしま保育環境向上支援事業について 福島県とこども環境学会は連携協定を締結して、子どもの環境セミナー事業を実施してきました。令和2年度に続き、令和3年度も園庭や園舎の改善、遊びの工夫など、こども環境創生の事業計画に対する補助が行なわれるそうです。 詳細は、こちらのホームページをご参照ください。 https://kodomo-fukushima.org/ ■子どもの環境セミナー開催 園庭と園舎の設計、ビオトープや自然環境を取り込んだ園庭づくり、非認知能力の育成、マルチメディア活用、子どもの生育環境と心身の健康等について、ビデオ視聴ができます。 ■令和2年度こども環境創生事業例 https://kodomo-fukushima.org/route1/ 事例として「ロータス保育園」のケースが紹介されています。改修前、当初の改修イメージ、こども環境学会のアドバイス、改修イメージ、改修後、こどもたちが実際に遊ぶ様子も動画で紹介されています。    
(閣議決定)成育医療等の提供に関する施策の総合的な推進に関する基本的な方針について 本日2月9日(火)の閣議において、「成育医療等の提供に関する施策の総合的な推進に関する基本的な方針について」が閣議決定されました。詳細は、別添ファイルにございます。 是非、ご覧いただきたいと存じます。 (概要)成育医療等の提供に関する施策の総合的な推進に関する基本的な方針.pdf成育医療等の提供に関する施策の総合的な推進に関する基本的な方針(令和3年2月9日閣議決定).pdf ※厚生労働省HPにも掲載されております。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/index.html#h2_free11  
公益社団法人こども環境学会 2021年度代議員選挙 選挙結果報告 2021年1月25日 2021年度代議員選挙管理委員会 委員長:神谷 明宏   こども環境学会2021年度代議員選挙結果について以下にご報告いたします。   改選代議員数は、2020年度末で任期満了となる代議員(以下11名)です。 織田正昭、北方美穂、佐藤将之、島田隆道、仙田考、 高木真人、仲 綾子、中川千鶴、増田剛、松本直司、三輪律江(敬称略、50音順)   【2021年度代議員選挙の公示資料】の通り、公示および立候補者受付を2020年12月1日(火)に開始し、立候補登録を2021年1月11日(月)(消印有効)に締め切りました。下記の11名の立候補がありました。    1月11日(月)消印有効での立候補者は以下の11名です。(敬称略、50音順)   【立候補者】11名(敬称略、50音順) 石田佳織 (園庭研究所 代表)菊池信太郎(菊池医院 小児科医) 北方美穂  (一般社団法人日本フィンランド協会  事業推進委員、      あそびをせんとや生まれけむ研究会 代表) 櫻木耕史  (岐阜工業高等専門学校 准教授) 島田隆道&...
第13回こども環境アドバイザー資格講習会のお知らせ (こども環境学会認定) 2021 年3 月13 日(土)~ 14 日(日)開講 現代社会において家族や地域のあり様が大きく変わり、こどもを取り巻く環境にも様々な問題が発生してきています。こども環境学会では、発足当初より、こどもが心身ともに健やかに育つ環境づくりのための学びの場として、こども環境アドバイザー講習会を実施しています。こども環境アドバイザーとは、「こども環境にかかわる総合的な知識及び基本的なコミニケーション・スキルを身につけ、こどもに関わる環境改善のための支援及びアドバイスができる」 レベルの資格です。こども環境アドバイザーには、家庭・保育・教育・地域などにおいてよりよいこども環境を形成していくために、専門領域における指導者的な立場に立つだけではなく、さまざまな領域を結びつける役割を担うことが期待されます。講習会では、そのために必要な幅広い知識やスキルを身に付け、多様なバックグラウンドを有する講師、参加者との交流をはかるプログラムを提供しています。講義は、「こども環境学概論」 に加え、「こども理解」「 こども環境」「 こども参画」「リスクマ...
ご案内 こども環境学会 2021年大会(長野) ■会期:2021 年7月2日(金)~ 4日(日) ※2日はエクスカーション■会場:佐久平交流センター (北陸新幹線 佐久平駅 徒歩3 分)■大会テーマ:自然とともに暮らすこども  ~信州で育む生きる力~  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020 年7 月10 日〜12 日に開催を予定していました2020 年長野大会を延期致しました。2021 年7 月に開催できる様、長野大会実行委員会で準備を進めています。 こども達のSNS 依存やゲーム依存が問題になっているように、近年、こども達の成育環境は変化しています。こども達が自然の中で遊ぶ機会が少なくなっており、自然に囲まれた信州のこども達も、同じような傾向です。 一方で、自然保育が増え始めています。こども時代に、自然の中で遊び、自然とともに暮らすことで、生きる力を育むことができます。自然豊かな信州で、自然とこども達の関係について、是非、こども達の成育環境に関わる、あそび、教育、保育、医療、福祉、生活、文化等、様々な分野の実践者、研究者の方々に、それぞれの視点や、優れた事例などをご紹介頂き、それらを会員だけでなく、一般市民の方々や、地元...
2020/12/19
リリース
特集テーマ:子どもの声を社会に届けよう   《目次》1. 子どもの声を社会に届けよう!2020年冬号公開です!(粟原知子)2.《特集》    子どもの声を聴く社会を築くために(奥田陸子)   子どもの参画から子どもアドボカシーへ(原京子)3.《世界のこども環境》 身近な自然の中で遊ぶ:ストックホルムの遊び環境(阿久根佐和子)4.《バトンをつなぐ》 子どもが生存する場、生活する場(花輪由樹)5.《こどもの手と眼》 おそと大好き (さち 東京都(ちいちゃん:1歳))6.《この一枚!》    驚きのねんねポーズ(ズボン履いてほしいママ 京都府京都市)   つくばは丸ごと公園みたいなまち(つくばdeプレイパークひろめ隊 茨城県つくば市) 7.《ブック&シネマ》    元森絵里子、南出和余、高橋靖幸編「子どもへの視覚 新しい子ども社会研究」(吉永真理)     桜井一洋著「亜種の起源 苦しみは波のように」(仙田満)    井上美智子著「持続可能な社会をめざす0歳からの保育」(神谷明宏)8.《編集室から》   
公益社団法人こども環境学会2021年度 代議員選挙は終了しました。 --------------------------------   公益社団法人こども環境学会2021年度議員選挙の公示について   立候補者 募集!!     本選挙は公益法人として広く正会員に門戸を開いて、代議員選挙を実施するものです。 2020年度末で、半数の公益社団法人代議員が任期満了となります。 ここに選挙の日程をお知らせすると同時に、代議員の立候補受付を開始いたします。 今回の代議員選挙は、2020年度末で任期満了となる代議員11名の改選です。        2020年12月1日  公益社団法人こども環境学会代議員選挙管理委員会  ***************************************************************************************** ≪選挙日程≫  ①公示および立候補者受付開始:2020年12月1日(火)  ※代議員選挙の選挙権・被選挙権は、選挙公示の日      (2020年12月1日)現在、正会員である者が有します。  ※当法人の変更後の定款において、「代議員の定数は、正会員の人数のうちから概ね50名につき1名の割合で選出する。」と定...
国立成育医療研究センターからのお知らせ みんなのこえで みんなをげんきに!【コロナ×こどもアンケート】《その4》協力者募集中 ■第4回調査 2020年11月17日~12月20日(予定)の期間で実施しています。https://www.ncchd.go.jp/center/activity/covid19_kodomo/4th_recruit.html ●同時募集「こども会議 アンケートつくり隊(たい)募集」 https://www.ncchd.go.jp/center/activity/covid19_kodomo/anketotsukuritai_20201109/index.html
コロナ禍で見つけた こども達の力・自然の力~私達、大人は何ができるのか?~ 2020年11月28日(土)開催  コロナ禍で、こども達の環境は激変しました。突然の休校、外出自粛。公園での遊びや、友達との遊びも、自粛しなければならない雰囲気の時期も経験しました。自然豊かな信州のこども達も、今までの様に、伸び伸びと遊ぶことが出来なかった時期があります。こどもも大人も、窮屈な思いをしてきた中で、見えてきたものがあると思います。困難な時だからこそ発揮された、こども達が持っている力、自然の中で過ごすことで得られる効果など。それらは、今後も続くであろうコロナ禍のこども達の成育環境を考える上で、大切なヒントになると考えます。****************************************《参加方法》1.オンラインで参加    定員 100 名2.会場での参加     主会場 : サクモ佐久市子ども未来館  定員15名   サテライト会場:佐久市市民活動サポートセンター 定員50名 《プログラム》   開催日時:2020年11月28日(土)9;30から12;30   9:30~9:55   ●こども環境学会会...
コロナ禍で見つけた こども達の力・自然の力~私達、大人は何ができるのか?~ 2020年11月28日(土)開催  コロナ禍で、こども達の環境は激変しました。突然の休校、外出自粛。公園での遊びや、友達との遊びも、自粛しなければならない雰囲気の時期も経験しました。自然豊かな信州のこども達も、今までの様に、伸び伸びと遊ぶことが出来なかった時期があります。こどもも大人も、窮屈な思いをしてきた中で、見えてきたものがあると思います。困難な時だからこそ発揮された、こども達が持っている力、自然の中で過ごすことで得られる効果など。それらは、今後も続くであろうコロナ禍のこども達の成育環境を考える上で、大切なヒントになると考えます。****************************************《参加方法》1.オンラインで参加    定員 100 名(※定員に達しました。これ以降のお申し込みはキャンセル待ち          となります。)2.会場での参加     主会場 : サクモ佐久市子ども未来館  定員15名   サテライト会場:佐久市市民活動サポートセンター 定員50名 《プログラム》   開催日時...
2020/09/24
テレビ・ラジオ・新聞掲載
 「コロナ禍状況の幼稚園・保育園における休園・登園自粛等への対応とこどもたちへの影響に関する調査」の中間報告が、日本教育新聞に掲載されました。  この日本教育新聞においては、9/7に大豆生田先生に「幼稚園・保育園」の中で紹介してきただき、9/14に再度「休園・登園自粛、子への影響は」というタイトルで紹介されました。   日本教育新聞2020年9月14日付6面(学会).pdf                                日本教育新聞2020年9月7日付6面(大豆生田先生).pdf
国立成育医療研究センターからのお知らせ (HPより)---------------------コロナ×こども本部では、コロナ禍におけるこどもたちの生活と健康の現状に関する調査をしています。調査結果は速やかに一般向けに公開するほか、こどもに関わる様々な団体へ提供し、役立ててもらえるように働きかけています。本調査は、こどもアドボケイト(こども自身の気持ちや意見を聴き、それを社会につなげる)事業としても運営しています。これまでに、第1回調査(2020年4月30日~5月31日)、第2回調査(2020年6月15日~7月26日)を実施し、たくさんの方からご回答いただきました。 ■第3回調査を2020年9月1日~10月11日の期間で実施します。 第1回調査、第2回調査に、ご参加くださった方も、ご参加いただけなかった方も、ご参加いただけます。たくさんの方の声が集まると、社会を動かす大きな力になります。ぜひご協力をお願いします。 ■調査にご協力いただきたい方①②のどちらかに該当する方に、広くご協力をお願いしています。  ① 7~17歳のお子さま  ② 0~17歳のお子さまのおうちの方(お父さま、お母さま)お子さまだけで...
コロナ禍状況の幼稚園・保育園における休園・登園自粛等への対応とこどもたちへの影響に関する調査(中間報告) いつも、こども環境学会にご協力いただき、ありがとうございます。  当学会では、休園中のこどもや保護者への影響、また保育再開後に伴う課題等を共有し、発信し、解決策を共に探りたいと思い、アンケート調査を実施いたしました。ご多忙の中、多くの皆様にご協力いただき、感謝いたします。 つきましては、中間報告ではありますが、とりまとめましたので、ここにご報告いたします。継続して分析を行い最終報告として改めて報告いたします。引き続き、ご協力くださいますよう、お願い申し上げます。 2020 年 8 月28日 公益社団法人 こども環境学会 代表理事 仙 田 滿 (東京工業大学名誉教授)会 長 五十嵐 隆 (国立成育医療研究センター理事長)理 事 大豆生田 啓友 (玉川大学教授)代 議 員  三木 祐子 (帝京大学准教授)  《アンケート中間報告》《アンケート調査票》はこちら ■「コロナ禍状況の保育所・幼稚園・認定こども園における休園・登園自粛への対応とこどもたちへの影響に関する調査」WG:仙 田 滿、五十嵐 隆、大豆生田...
国立成育医療研究センターからのお知らせ--------------------- みんなのこえで みんなをげんきに!【コロナ×こどもアンケート】《その2》協力者募集中17歳以下のお子さまがいらっしゃる方、ぜひご協力をお願いいたします 調査内容は、無記名のアンケートです。第2回調査の調査期間は7 月19日までです。 LINE などで、このQRコードをお子さんのいるお知り合いの方に拡散い ただけると幸いです。   アンケート_QRコード.png https://www.ncchd.go.jp/news/2020/20200615.html 去る第1回調査「コロナ×こどもアンケート」におきましては、協力者募集ならびに結果の周知についてご協力を賜り、誠にありがとうございました。 おかげさまで、約1ヶ月間に8,700名以上の方々(お子さま・保護者さま)にご協力いただき、全国のこどもたち・保護者の生活と健康の様子について多くの知見が得られました。また、こどもたちをケアする現場にも、その知見を届けることができているのではないかと思います。ひとえに皆様方の温かいご支援のお陰でございます。改めて感謝申し上げます。 全体報告ももうすぐ公表させていただく予定です。 コロナ禍におけ...
第16回(2020年度)こども環境学会賞 公募のお知らせ   こども環境学会では、こども環境に関する優れた研究、デザイン、活動業績、自治体施策などを顕彰し、それを広く公表することによって、こども環境の改善に資することを目的として、「こども環境学会賞」を2005年に創設いたしました。賞は、論文、デザイン、活動、自治体施策の4部門とし、部門ごとに3件以内の表彰を予定しています。 表彰式は総会の席上で行い、賞状等を授与いたします。また学会誌等に紹介するなど広く社会に公表することといたします。 今年度の公募期間は、2020年10月31日(土)締切(消印有効)といたします。多くの会員の皆様のご応募をお待ちしております。 2020年6月 こども環境学会会長 五十嵐隆    こども環境学会賞・応募要項  1.  目的  こども環境に関する優れた研究、デザイン、活動、施策などを顕彰し、それを広く公表することによって、こども環境の改善に資することを目的とする。 2.  名称および賞の対象 (1)     こども環境論文・著作賞  近年中に完成し雑誌などに公表された研究論文および出版...
国立成育医療研究センターからのお知らせ---------------------みんなのこえで みんなをげんきに!【コロナ×こどもアンケート】協力者募集中17歳以下のお子さまがいらっしゃる方、ぜひご協力をお願いいたしますhttps://www.ncchd.go.jp/news/2020/20200430-2.html
このたび、WEBマガジン《こども環境楽:こどもかんきょうがく》スマホ対応サイトをオープンすることになりました。創刊号は「ゴールデンウィーク特別号」として、「新型コロナ感染症とこども環境」をテーマに3つの記事を掲載しています。今後、会員のみなさまへのタイムリーな情報発信を目指して、皆様とともに進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。■WEBマガジン《こども環境楽(こどもかんきょうがく)》http://www.children-env.org/magazine/  
2020/05/01
テレビ・ラジオ・新聞掲載
5月1日22時から、NHKラジオ第一で放送される「NHKジャーナル」で、会長の五十嵐先生と代議員北方さんのインタビューが放送されました。https://www4.nhk.or.jp/nhkjournal/※5月8日までは、こちらから聞くことができます(番組の26分ごろから)https://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=0045_01_38215
公益社団法人こども環境学会新型コロナウイルス感染症流行の中で子どもが活き活きと生きる環境を作るために  新型コロナウイルス感染防止策の一環として外出自粛の日々が今後も続くことが懸念されます。 このような状況の中で、子ども達がのびのびと暮らせない状態にあることは、とても深刻な問題です。ウイルス感染の不安と外に出られないストレスの板挟みとなっている方も多いと思います。こども環境学会は、様々な専門領域の研究者と実践者がともに参加する学際的研究・実践組織であり、「子どもたちが活き活きと生きられる環境を創る」ことを目指して活動しています。これまでも、災害時に被災した子どもたちの成育環境の改善や震災復興に取り組んできました。 子ども時代の「遊び」は、子どもの成長に欠かせないものです。しかしながら、外出自粛要請が続き学校や子育て支援拠点の多くが閉鎖しています。親子が長期にわたって密閉空間で過ごさねばならなくなっている今、「遊び」の大切さを共有し、子どもの心身を健やかに保つための「遊び」の情報を提供いたします。 公益社団法人こども環境学会HPhttp://www.children-env.org/ <概要> 新型コロナウイルス...
新型コロナウイルス感染拡大防止と 子どもの心身の健康のバランス その5緊急事態宣言のなかでの子育て ~親子あそび~ 外出自粛の中、小さなお子さんと楽しく過ごすヒントとして、児童学の専門家、神谷明宏氏(聖徳大学准教授)が、親子遊びを紹介します。  <内容> 1.不安のあとに安心と喜び     いないいない、ばあ! 2.親子遊びの三要素   スキンシップ・アイコンタクト     ・声掛けを含む遊び 3.大人の“遊び心”が大切 4.父親との遊び   こども環境学会からの呼びかけ5-20200430.pdf
新型コロナウイルス感染拡大防止と 子どもの心身の健康のバランス その4おうちで手軽にできる遊びのレシピ ずっと家にいると、子どもは退屈でぐずったり、きょうだいげんかしたり、ママやパパも大変です。ここでは、 乳幼児から小学校低学年児までの子どもにも 手軽にできる遊びを 、「その2 」も執筆した 大豆生田啓友氏 玉川大学教授 が 紹介します。ゲームやスマホ以外になるべく直接体験できる遊びをたくさんしたいものです。ぜひ、参考にしてください。    <内容> 1.描いたり、作ったりして遊ぼう 2.からだを動かして遊ぼう 3.ゲームして遊ぼう 4.お手伝いして遊 ぼう 5.ごっこ遊び・なりきって遊 ぼう 6.外で遊 ぼう 7.絵本を読んだり、作ったりして遊ぼう   こども環境学会からの呼びかけ4-20200429.pdf
新型コロナウイルス感染拡大防止と 子どもの心身の健康のバランス その3子どものこころと身体の健康のためにじょうずに日光・外気とつきあいましょう 新型コロナウイルス感染拡大を防止するために、外出自粛の必要性は周知のことです。しかし、子どもにとって外気に触れず、日光に当たらない生活が続くことは問題ではないでしょうか。日光に当たることの重要性を、国立成育医療研究センター理事長で小児科医、当学会の五十嵐隆会長がお応えします。  <内容> 1.外遊びは、必要? 2.どうして、日光を浴びるといいの? 3.新型コロナウイルスは、紫外線に弱い 4.コロナウイルス感染防止対策は万全に1 5.コロナウイルス感染防止対策は万全に2 6.コロナウイルス感染防止対策は万全に3     こども環境学会からの呼びかけ3-20200429.pdf
こども環境学会会員ならびに関係者 各位              こども環境学会2020年大会(長野)開催中止のお知らせ  新型コロナウィルス感染症の影響拡大が続くなか、年次大会の開催につきましては、多くの方々からのお問い合わせをいただいております。 2020年7月10日~12日開催を予定しておりました「こども環境学会2020年大会(長野)」の開催につきましては、中止させていただくこととなりました。新型コロナウィルス感染症のさらなる拡大が懸念されるなか、関係当局の通達、なによりもご参加の皆様方の健康を鑑み、長野大会実行委員会および理事会・代議員会において慎重に検討を重ねたうえで決定させていただきました。なお、ポスターセッション発表原稿につきましては、その取扱いについて現在検討中です。決定次第ご案内申し上げます。  皆様とお会いできることを楽しみにしておりましたが、また、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。新型コロナウィルス感染症の一日も早い収束を願っております。 2020年4月27日 こども環境学会代表理事        仙 田 滿 こども環境学...
新型コロナウイルス感染拡大防止と 子どもの心身の健康のバランス その2緊急事態宣言のなかでの子育て ~ママ・パパ・保護者へのメッセージ~ 新型コロナウィルス感染防止策の一環として外出自粛の日々が 今後も続くことが懸念されています。乳幼児期~小学校低学年の子どもと向き合う大人の皆様、外出自粛が長引き、ストレスフルな生活になっていませんか。子育て支援の専門家、大豆生田啓友氏(玉川大学教授)による、がんばりすぎない子育てのヒントを紹介します。 公益社団法人こども環境学会  <内容> 1.がんばりすぎないようにしよう 2.あなた一人だけではない 3.子どもも困っている 4.子どもの心のケアで大切なことは? 5.パパの出番です! 6.イライラ解消法を持とう 7.困った場合は相談を   感染から守りたいこども環境学会からの呼びかけ2-20200426-3.pptx.pdf
新型コロナウイルス感染拡大防止と 子どもの心身の健康のバランス その1感染から守りたい。お家で、どう過ごす? 子どもの心や体のためにできること  新型コロナウィルス感染防止策の一環として外出自粛の日々が 今後も続くことが懸念されています。新型コロナウィルス感染防止策の影響で、子ども達がのびのびと遊べない状態にあることは、とても深刻な問題です。ウイルス感染の不安と外に出られないストレスの板挟みとなっている方も多いと 思います。 子ども時代の「遊び」は、子どもの成長に欠かせないものです。この時期、子どもの心身を健やかに保つための「遊び」の情報を 提供いたします。ご参考にしてください。 公益社団法人こども環境学会 代表理事    仙 田 満 会  長   五十嵐 隆   <内容> 1.新型コロナウイルス感染予防 2.子どもの健康を維持する基本   よく動き、よく食べ、よく眠る 3.遊びのアイディア   家での遊び編1    ~家で遊びの環境をつくろう!~   家での遊び編2 4.自ら考え、行動できる子どもに   新型コロナウイルス 子どもにどう伝える? 5.大人も気分転換を! 感染から守りたいこども環...
ニュースにて放映されました北海道大学グループによる「子どもの生活と遊び状況調査」ですが、これは、こども環境学会北海道有志の方々による調査です。引き続き、以下のサイトで全国的な調査を継続実施していますので、是非ご参加ください。 調査サイト https://arcg.is/0fuSOv ■北海道大学のプレスリリース https://www.hokudai.ac.jp/news/pdf/200410_pr.pdf■中間報告について 子どもの生活と遊び状況調査中間報告.pdf添付いたします。