トピック


コンペ
■学会誌「こども環境学研究」表紙デザイン画

■表紙に掲載するデザイン画を募集します。
皆さんの応募をお待ちしています。

 詳細 はこちら

2022大会|プレ・セミナー|東京|2021.11.13開催
 ■多くの皆様に参加いただきました
○○

■テーマ「クライシスとこどもの環境」
■日本女子大学(オンライン配信)
■参加費:無料

■終了しました

詳細 はこちら

学会賞|2021年度(第17回)|公募受付中
 ■こども環境学会賞(16回) 決定&17回公募中
こども環境学会賞

■論文・著作賞該当なし、論文・著作奨励賞2件、デザイン賞1件、デザイ ン奨励賞 2 件、活動賞1件、活動奨励賞該当なし、自治体施策賞該当なし、自治体施策奨励賞 1 件、以上合計7 件が選定

■2021年度(第17回)公募受付中

詳細 はこちら


こども環境楽|2021冬号
■特集テーマ:不登校について考えてみる
こども環境楽

■2021年冬号公開です!

特集|世界のこども環境|バトンをつなぐ|こどもの手と眼|この一枚!|ブック&シネマ|編集室から 

こども環境楽|2021冬号 はこちら

災害等支援活動|アンケート(中間報告)
 ■コロナ禍の対応とこどもたちへの影響調査
アンケート

■(中間報告)コロナ禍状況の幼稚園・保育園における休園・登園自粛等への対応とこどもたちへの影響に関する調査

 

詳細 はこちら

災害等支援活動|プレスリリース
 ■新型コロナウイルスに関する呼びかけ
呼びかけ

新型コロナウイルス感染拡大防止と 子どもの心身の健康のバランス

■1:感染から守りたい。お家で、どう過ごす? 子どもの心や体のためにできること

■2:緊急事態宣言のなかでの子育て ~ママ・パパ・保護者へのメッセージ~

■3:子どものこころと身体の健康のためにじょうずに日光・外気とつきあいましょう

■4:おうちで手軽にできる遊びのレシピ

■5:緊急事態宣言のなかでの子育て ~親子あそび~

詳細 はこちら


こども環境楽
学術論文応募
寄付のお願い
facebook
新着情報《NEWS》
RSS2.0
益社団法人こども環境学会 2022年度代議員選挙選挙結果報告 2022年1月25日 2022年度代議員選挙管理委員会 委員長:北方 美穂 こども環境学会2022年度代議員選挙結果について以下にご報告いたします。 改選代議員数は、2021年度末で任期満了となる代議員(以下10名:敬称略、50音順)です。 浅野耕一、大西宏治、神谷明宏、後藤智香子、副島里美、谷本都栄、玉田雅己、富樫豊、新田新一郎、三木祐子 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 【2022年度代議員選挙の公示資料】の通り、公示および立候補者受付を2021年12月1日(水)に開始し、立候補登録を2022年1月10日(月)(消印有効)に締め切りました。下記の10名が立候補されました。 2022年1月10日(月)消印有効での立候補者は以下の10名です。 【立候補者】10名(敬称略、50音順)粟原知子 福井大学国際地域学部 准教授大西宏治 富山大学 教授後藤智香子 東京大学先端科学技術研究センター 特任講師副島里美 静岡県立大学短期大学部 准教授谷本都栄 帝京大学冲永総合研究所 准教授玉田雅己 学...
こども環境学会では、学会誌「こども環境学研究」表紙デザイン画のコンペを行います。 締切は、2022年4月30日。みなさんの応募をお待ちしています。 ※詳細&申込みはこちら 1. テーマこども環境学会誌の表紙に掲載するデザイン画を募集します。好きなあそび、場所、もの、人、生き物、気持ち、イメージなどを自由に描いてください。 2. 応募資格18 歳未満のこどもで、こども環境学会のこども会員、または、団体会員や賛助会員のこどもが応募できます。※応募時にこども会員として入会できます。こども会員の会費は無料です。 3. 応募条件・原則として個人の応募で、1 人 1 作品とします。・グループでの共同作品の応募も可とします。・表現方法は自由です(手書き、写真加工、デジタル作品など)。・過去に他の媒体で公表されたデザインは、本コンペには応募できません。・こどもが自分で考えた作品であること  ※詳細&申込みはこちら    記事拡散をお願いします! https://www.children-env.org/blogs/blog_entries/view/54/6b4066b2d54c7513da9ceb35120b9b4f?frame_id=63
特集テーマ:不登校について考えてみる 〜子どもが幸せに過ごせる学校・学び育ちの場へ〜 https://www.children-env.org/magazine/ 《目次》 1. 不登校を「私」の専門から考えてみよう(石田佳織) 2.《特集》  不登校問題についての一考察(穂積妙子)  不登校を考えてみる〜第3の現場から〜(新田新一郎) 3.《世界のこども環境》   柔軟なしくみで子どもたちを支援する(渡邊あや) 4.《バトンをつなぐ》  こどもも大人も育つ学校をつくる(井内聖) 5.《こどもの手と眼》   やじるしできたよ→(Hくん:8歳) 6.《この一枚!》  わあ。あった! hiro (仙台市・女) 7.《ブック&シネマ》  末富芳・櫻井啓太著「子育て罰「親子に冷たい日本」を変えるには」(仙田満)   岡本央著「ないないづくしの里山学校」(藤田大輔)  きみ きみよ著, みやかわ さとこ (イラスト)「にゃんたとおつきさま」(小澤紀美子)  大豆生田啓友・大豆生田千夏著「非認知能力を育てる あそびのレシピ」「非認知能力を育てる「しつけない」しつけのレシピ」(神谷明宏) 8.《編集室から》   記事拡散 https://www.childre...
公益社団法人 こども環境学会正会員 各位 公益社団法人こども環境学会 2022年度(令和4年度)代議員選挙の公示について - 立候補者 募集 - 本選挙は公益法人として広く正会員に門戸を開いて、代議員選挙を実施するものです。2021年度末で、半数の公益社団法人代議員が任期満了となります。ここに選挙の日程をお知らせすると同時に、代議員の立候補受付を開始いたします。 今回の代議員選挙は、2021年度末で任期満了となる代議員10名の改選です。任期満了となる代議員(10名)(敬称略、50音順) 浅野耕一  秋田県立大学システム科学技術部建築環境システム学科准教授 大西宏治  富山大学人文学部教授 神谷明宏  聖徳大学児童学科准教授 後藤智香子 東京大学先端科学技術センター特任講師 副島里美  静岡県立大学短期大学部准教授 谷本都栄  帝京大学冲永総合研究所准教授 玉田雅己  学校法人明晴学園理事長 富樫豊   北陸こども環境研究会代表 新田新一郎 プランニング開・アトリエ自遊楽校 三木祐子  帝京大学医療技術学部看護学科准教授 2021年(令和3年)12月1日 公益社団法人こども環境学会 代議員選挙管理委員長 北方...
「クライシスとこどもの環境」 日時 2021年11月13日(土)13時~16時10分 会場 日本女子大学(オンライン配信)   終了しました。多くのみなさんに参加いただきました。ありがとうございました。     厚生労働省は、9月10日、2020年の人口動態統計(確定数)出生数84万835人を発表しました。この数値は前年より2万4404人減少し、1899年の人口動態調査開始以来最少であり、2021年は一層減少するものと予想されています。  そうした中で、今、現実起きている新型コロナウイルス感染症は、こどもの生活・遊びに直接・間接的に多くの影響を及ぼしています。2020年は児童虐待件数、自殺した児童生徒数も過去最多となり、これまで社会が抱えていた貧困や格差といった問題がコロナ禍を機に顕在化してきています。また、東日本大震災、原発災害から10年が経過しましたが、その後も多発する地震、洪水などの自然災害の対応など、これらクライシスをどのように乗り越えていったらよいでしょうか。  このプレ・セミナーでは、コロナ禍の現実の中で、こどもひとり一人を見つめ、こどもの育成環境について、地域のつながり方を通して考えていきます。 &nbs...